NEWS

  • 地域

ネット講座サービスの延べ受講者が25万人突破  ナレッジサーブ    さまざまな講師陣による350以上の講座


 人材教育・研修サービス事業などのナレッジサーブ株式会社(福岡市中央区舞鶴3丁目、金光誠也社長)は1月下旬、運営するインターネット講座サービス「ナレッジサーブ」の延べ受講者が25万人を突破したと発表した。
 2005年6月に開始した同サービスはインターネット上で興味のある講座を受講できるとともに、今までの経験や習得した技能などを簡単に講座として開講ができる、新しい学びの場を提供するポータルサイト。現在ライフスタイルや美容・健康、趣味、マネー・法律、語学などのカルチャー系からパソコンやWeb系技術習得、資格取得、ビジネススキルなどプロフェッショナル系まで350以上の講座があり、各界の専門家や著名人から一般の主婦まで、独創的な講師陣をそろえる。教材には各講師が制作した読み応えあるテキストや、講師が定期的に受講生宛てに届けるメールマガジン、要点を簡潔にまとめた動画教材などが用意され、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどで受講できる。会員登録料は無料で、利用料金は受講の場合、1講座800円から。同社では「バラエティー豊かな講師陣による温かみのある講座が人気を集めている。今後もより多くの人に、自分に合った趣味、講座を便利に学んでいただけるようサービス提供していきたい」と話している。
 同社は1998年4月創業、99年3月設立、資本金1000万円、従業員7人。金光社長は熊本県山鹿市(旧鹿本町)出身、1967年7月29日生まれの45歳。熊本大学工学部卒。株式会社NECでソフトウエア技術者として5年、株式会社ジャストシステムの福岡研究所でインターネットサービスプロバイダ技術者として3年勤務後、同社を創業。