NEWS

  • 地域

トップは福大の261人、2位西南大、3位九大  地域情報センター調べ    地場経営トップの出身大学


 ふくおか経済・株式会社地域情報センター(福岡市博多区博多駅東1丁目、中嶋敏夫社長)は、地場企業経営者の出身大学を調べ、トップは福岡大学の261人だった。
 昨年12月に発行した「2014年版福岡の会社情報」で、地場約4000社のデータから抽出したもの。2位は西南学院大学の99人、3位は九州大学の91人となり、地元福岡の大学がトップ3を占めた。以下は、4位日本大学、5位慶應義塾大学、6位早稲田大学、7位九州産業大学、8位明治大学、9位同志社大学、10位中央大学の順で続いている。10人以上の経営者がいる大学は28校で、福岡の大学ではトップ3の他に、九州産業大学が73人で7位。北九州大学(現北九州市立)大学が29人で12位。九州工業大学が17人で17位。久留米大学が16人で20位。福岡工業大学が12人で24位。第一経済(現日本経済)大学が10人で27位に入っている。データは銀行などの金融機関を含む経営トップ(代表取締役会長を含む)を対象とし、中退、大学院卒を除く1629人の出身大学を抽出したもの。
 10人以上の出身者がいる大学は表の通り。