NEWS

  • 地域

テナント入居希望者と不動産会社のネット商談サービス  エリアコミュニケーションズ    「テナントマッチングサービス」


 事業用賃貸ポータルサイト「テナントガイド」運営の株式会社エリアコミュニケーションズ(福岡市博多区博多駅前3丁目、西村健社長)は8月1日、運営サイト上で「テナントマッチングサービス」を開始する。
 テナントガイドに会員登録する不動産会社やビルオーナー、管理会社など全国300社の商談成立数の向上、および新規会員獲得に繋げるもの。これまで「テナントガイド」では、会員企業が仲介、紹介する約5000件の空きテナント情報を掲載してきたが、同サービスではFC店舗展開する法人や個人オーナーなどテナント入居希望者から出店希望条件を収集し、サイト上で発信。ニーズと合致する物件があれば、会員企業は入居希望者に対して管理、仲介物件の情報を提供できるため、ネット上で双方向の交流を可能にした。そのほか、年内までに新築テナント情報サービスや店舗M&Aなどの情報提供も検討している。テナント出店希望者は登録無料で、テナント情報提供者は入会金1万円、月額3000円で、従来のテナントガイドと相互利用も可能。1年後までにテナント情報提供企業1000社目指す。西村社長は「ネットで全国の情報を探せるため、多店舗展開企業や遠隔地への出店希望者には経済的で便利なサービスなので利用してほしい」と話している。