NEWS

  • 地域

タイ・コンベンションビューローと覚書締結  九州産業大学    大学間MICEカリキュラムを促進


 九州産業大学(福岡市東区松香台2丁目、山本盤男学長)は8月19日、タイ政府の支援でコンベンション産業人材育成に取り組む「タイ・コンベンション&エキシビジョン・ビューロー(以下、TCEB)」および公益財団法人・福岡観光コンベンションビューロー(同市中央区天神2丁目、末吉紀雄会長)と産業人材教育に関する覚書を締結した。
 タイ政府はこれまで台湾、韓国、オーストラリアと協力関係にあったが、日本のコンベンション機関と提携するのは今回が初めて。また、TCEBが国内大学と提携するのも初めてとなる。TCEBは現在、タイ国内48大学と海外コンベンション関連団体、高等教育機関と協力した「MICE(マイス)アカデミック・エクスチェンジ・プログラム」を実施しており、提携後は将来のMICEリーダー育成やMICE教育に関する大学間国際協力を促進。福岡における観光コンベンション振興、人的・文化交流および地域経済の活性化を図るのが狙い。
 九州産業大学では、商学部観光産業学科のカリキュラムでMICEに関する科目を開講していることから、今後、学生や教員を派遣し、産業人材教育プログラムの開発に取り組む方針。MICEとはビジネストラベルの一形態を表す造語で、ミーティング(研修・セミナー)、インセンティブツアー(報奨旅行)、コンベンション(国際会議)、エキシビジョン(大規模展示会)の略。