NEWS

  • 地域

タイに出張所を開設 三友機器    初の海外拠点


食品包装、畜産環境プラント設計施工の三友機器株式会社(福岡市中央区大手門1丁目、河内旭会長)は今夏をめどに、タイに出張所を開設する。
同社が海外拠点を設けるのは初。これまでは現地代理店に業務を委託していたが、自社展開に切り替えることで、事業拡大と収益性向上を図る。当面は家畜糞尿や汚泥、植物の残りかすなどの有機物を脱石油化する畜産環境プラント事業を手がけ、最終的には同社主力の食品包装プラント事業も展開していく。スタッフ1人を本社から派遣し、現在調査を実施しており、出張所は首都バンコクなどに置くことを検討している。河内会長は「東南アジア諸国の中には、日本のように畜産環境が整っていない地域が残っている。タイを皮切りに、諸国への展開も視野に入れたい」と話している。
同社は1975年11月設立。資本金は5000万円。従業員は117人。売上高は88億円(13年12月期)。
河内会長は1946年1月9日生まれの69歳。熊本県山鹿市出身。趣味はゴルフ。