NEWS

  • 地域

ソフトボールチーム名を変更  メディアファイブ    認知度向上へ


 ソフトウエア受託開発、システム開発のメディアファイブ株式会社(福岡市中央区薬院1丁目、上野英理也社長)は1月下旬、同社のソフトボールチーム「福岡バクスターズ」の名称を「福岡メディアファイブ」に変更する。
 同社は2012年、前原市、早良区、城南区を中心とした野球出身者で結成するチーム「西福岡」のスポンサーになり、「福岡バクスターズ」として発足。昨シーズンは群馬県前原市で開催された「第59回全日本総合男子選手権全国大会」に初進出したことから、全国的に同社名の認知度向上を目指そうと名称変更した。現在部員数は25人で平均年齢28歳。来年11月には同社主催の大会も計画している。上野社長は「チームも人づくりの一環。当社の事業が若手エンジニア育成に従事していることもあり、若い人材が目標に向かう姿が当社の研修制度に共通するようだ。今後も支援していく」と話している。