NEWS

  • 地域

スポーツイベント写真の販売事業  ビーボーン    自転車愛好家サイト向けで


 外国語の電話通訳・翻訳業の株式会社ビーボーン(福岡市中央区大手門1丁目、鬼木敏之社長)は12月15日から、同社が管理運営を手掛ける自転車愛好家向けサイト「LEGON」上で、プロカメラマンが撮影したスポーツイベントなどの写真販売事業を開始する。
 聴覚障害者向けの代理電話サービスなどの株式会社プラスヴォイス(仙台市青葉区国分町1丁目、三浦宏之社長)が展開する「スポフォト」と提携。同サービスは聴覚障害者の雇用創出・就労支援の一環として、提携プロカメラマンがスポーツ競技中の写真などを撮影し、聴覚障害者が加工やデザイン制作などを手掛け販売するもの。「LEGON」も趣旨に賛同し、障害者就労支援事業の一環として開始した。「LEGON」のターゲットは自転車愛好家で、サイトを通じて交流を深めその後メンバーで共に自転車で走ることを最終目標としており、今後サイクルイベントなどにメンバーで参加する際にスナップ写真や集合写真を撮影する。購入は「LEGON」ホームページや「スポフォト」ホームページからで、顧客はホームページ上の掲載写真から選択する。価格はスナップ写真が1枚840円で、選択した写真を使用したポスターの制作も手掛けていく。鬼木社長は「来年は写真を使用したカレンダーの制作販売も計画している。写真を購入することで、微力でも聴覚障害者の就労創出支援や、社会的貢献につながれば」と話している。