NEWS

  • 地域

サイト売買状況市場調査  ディレクショングループ    結果を11月以降に無料配信


 インターネット事業の株式会社ディレクショングループ(福岡市南区大楠1丁目、松元大軌社長)は、9月12日、インターネットサイト売買について市場調査し、その結果を配信する「サイバイLab(ラボ)」をスタートした。
 同社は今年2月から、サイト売買仲介の新サービス「サイバイ」を運営しているが、「福岡においてサイト売買の認知度がまだまだ低い」(松元社長)と判断。「サイバイLab(ラボ)」で周知徹底を図る。10月末までに、Web上でサイト売買について興味がある人、興味がない人それぞれを対象に、「どれくらいの収益があがるのか」や、そもそものサイト売買の仕組み、メリットといったアンケート調査を実施。集計した結果を11月以降にWebやファックスなどで無料配信する。その後も、2カ月に1回程度のペースでアンケート調査と結果の配信を続けていく計画。松元社長は「サイト売買における不透明さの解消が目的。将来的には、評価、査定、相談などに対応する第三者機関に移行したい」としている。
 同社は07年11月創業。08年2月設立。資本金は600万円。同社によれば、サイト売買は4年ほど前から全国的に広がったもので、1件あたり数万円から1000万円を超える価格で取引される例もあり、投資商品としても注目されているという。