NEWS

  • 地域

コンビニの利用率は17・5%増  ジーコム    県内居住者のコンビニ利用に関する調査


 市場調査、マーケティングなどを手掛ける株式会社ジーコム(福岡市博多区古門戸町、村上隆英社長)が3月10日に公開した福岡県居住者のコンビニ利用に関する調査で、1年前と比較した利用増減率は17・5%増となった。
 調査は福岡県在住の20歳以上の男女500人を対象に昨年11月20日から11月25日までインターネットで実施し、男女別、世代別で構成。1年前と比べたコンビニ利用の増減について、「どちらかといえば増えた」層が29・9%で、「どちらかといえば減った」層の12・4%を上回り、増減率は17・5%増となった。また、コンビニ利用増加の理由については、「立ち寄りやすい場所に店舗ができたから」が48・3%で最も多く、「挽きたてコーヒーがあるから」が34・7%で続いた。特に女性は「挽きたてコーヒーがあるから」の回答率が40%で、男性より割合が高かった。
 調査レポートは全8ページで、同社では社員派遣による同調査結果レポートの説明も実施している。