NEWS

  • 地域

コスト削減奏功し1515万円の黒字に  CROSS FM    4~9月、売上高は2億5855万円


 FMラジオ放送・株式会社CROSS FM(北九州市小倉北区古船町、立石寿雄社長)の2010年3月期中間決算(09年4~9月)は、売上高が2億5855万円、経常利益が1515万円だった。同社は08年4月に設立し、7月に株式会社エフエム九州から放送事業を引き継ぎ営業を開始したため前年比はなし。
 経常利益は前年度下半期から取り組む放送技術費や本社管理部門のコスト削減が寄与したことに加え、イベント開催時のコスト管理を徹底したことで利益を確保した。(株式会社エフエム九州の07年3月期売上高は6億9000万円、経常損益2800万円の赤字)。通期は売上高5億円、経常利益は2000万円を見込んでいる。同社では「経済環境は厳しいが、昨年から実施しているコスト削減が奏功し黒字になることができた。しかし役員報酬のカットなどは続いており、今後も予断を許さない状況ではある」と話している。
 同社は株式会社エフエム九州の経営破たんで、新旧分離方式による会社分割・事業再生に伴い、08年4月東京都の投資会社ネクスト・キャピタル・パートナーズ株式会社が受皿会社として設立。資本金は7500万円。昨年7月1日に株式会社エフエム九州から放送事業を引き継いだ。09年3月期決算(08年7月~09年3月の9カ月)は、売上高3億8638万円、経常損益は1707万円の赤字。立石社長は山口県出身。1958年4月23日生まれの51歳。東京大学経済学部卒。前身の株式会社エフエム九州は、1992年12月設立。県内民放2局目のFM放送局として、93年9月に開局した。