NEWS

  • 地域

グループ8社の持ち株設立へ  三和    秋ごろまでに新体制に


 浄水器販売の三和株式会社(福岡市博多区博多駅南2丁目、平哲朗社長)は2010年12月までに持ち株会社に移行する。
 三和を含めたグループ8社それぞれの意思決定力を高め、敏速で経営力のある組織の集合体にする狙い。持ち株会社の三和ホールディングス株式会社(仮称)を立ち上げ、社長直属の「グループ経営統括本部」を設置。同本部は4事業部制で、これまで三和の傘下に置いていた子会社、孫会社をそれぞれの事業部に配置する。
「不動産・金融事業」に不動産サービス業の三和エステート株式会社(同)、金融業のシャルム株式会社(同)。「健康・美容事業」に三和、美容関連商品販売のティー・シー・アスメ株式会社(同)。「流通・通販事業」に生活雑貨販売のアイリンクス株式会社(同)。「管理部」にグループを運営するための機能会社として総務企画業のITパートナーズ株式会社(同)、メンテナンス事業の三和サービス株式会社(同)、ファンド事業の三和アセットパートナーズ株式会社。平社長は「4月に就任し、新体制となった。秋ごろまでには組織を整備したい」と話している。