NEWS

  • 地域

クラウドファンディングで資金調達  アカエメ    オリジナルブランド認知度向上狙い


 輸入商品卸販売の株式会社アカエメ(福岡市南区向野2丁目、前山弘社長)は株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング(東京都)運営のサイト「Makuake(マクアケ)」にオリジナル商品を出品し資金調達している。調達期間は9月末まで。
 クラウドファンディングとは実現したいアイデアやプロジェクトに対してインターネット上で不特定多数から資金を集めるもので、マクアケは目標金額の達成有無に関わらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点で売買契約が成立。その後サービスを展開していく。アカエメでは今年3月、イタリア製の皮革製品ブランド「シルバノ迷彩」を独占販売契約し、自社サイトや小売業者に向けた販売を強化している。2015年春夏の新4色の公式発表前にネット上で仕掛けることで認知度向上、無名から有名ブランドへの確立を目指す。資金調達の目標金額は1カ月半で150万円。販売するのは「シルバノ迷彩トートバッグ」新色4色含む5色。価格は定価10%引きの3万5100円(税込)、2点購入で1点あたり15%引きの3万2940円、5点で同20%引きの3万1212円、10点で同25%引きの2万9214円、20点で同30%引きの2万7297円になる。
 また、資金調達の達成金額に応じてイベントの無料招待を企画しており、400万円で、抽選で10人に7000円相当、600万円で20人に1万1000円相当、800万円で30人に1万5000円相当のイタリアコース料理を提供。11月30日に東京都港区のリストランテペガソで「シルバノ迷彩レセプション」を開く計画。前山社長は「シルバノ迷彩は革の質感もよく使いやすい。あらゆる仕掛けを展開して広めていきたい」と話している。
 同社は2011年4月設立、資本金50万円。前山社長は名古屋市出身、福岡市立百道中学校卒、趣味はゴルフ。