NEWS

  • 地域

カンボジアに会計業務などの現地法人  あさくら税理士法人    日本からの進出企業をサポート


 あさくら税理士法人(朝倉市堤、稲葉武彦代表社員)は10月中旬をめどに、カンボジアの首都・プノンペンに現地法人「CBI Accounting – Cambodian Business Initiative Co.,Ltd.」を今年9月に独資で設立し、10月に営業認可が下りる予定。
 日本から進出する企業の会計や税務をはじめ、会社設立・登記、月次会計処理、年次決算申告などをサポートする。代表は稲葉代表社員が務める。現地スタッフは3人で、責任者のマオ・ティアリット所長はカンボジア出身で、日本での留学経験があり、日本語も堪能な上、同法人で1年にわたり日本流のビジネスを学んでいる。また、システム関係の学部を卒業しており、会計ソフトにも明るい。稲葉代表社員は「東南アジア域内を市場として視野に入れることのできるカンボジアに日本が進出し始めている中で、日本ならではの細やかなサポートを提供していきたい。また現地スタッフが業務にあたるため制度が変わりやすい環境下でも素早く対応できる」と話している。
 同法人は1960年創業。2011年設立。従業員19人。
 稲葉代表は朝倉市出身。1964年5月16日生まれの52歳。早稲田大学卒。趣味はジョギング。