NEWS

  • 地域

オフィス配布無料誌リニューアル  セブンマーケット    同梱サービスやWEBサイトと連動


 全国の流通チェーン約8百社2万店舗で通販カタログなどのインストア販促を展開する株式会社セブンマーケット(福岡市中央区薬院1丁目、内田幸雄社長)は2月下旬、福岡市内都心部のオフィスに配布する無料ビジネス情報誌「POST‐in Business」を『BIZ FUKUOKA(ビズ フクオカ)』としてリニューアル創刊した。
 これは同誌と一緒に依頼主のチラシやパンフレットを同封して届ける同梱サービスやWEBサイトなど関連サービスを統合リニューアルすることで、より総合的な媒体として訴求力を高める狙い。情報誌は「福岡の経営者とビジネスリーダーを応援するフリーマガジン」をコンセプトに話題の経営者のインタビュー記事やニュービジネス、新商品・サービス情報をはじめ、セミナー・交流会、飲食店、ショッピング情報などを掲載。月刊で発行部数は2万部、うち1万2000部をポスティングし、残りはガソリンスタンドなど200カ所に設置配布する。
 同梱サービス「BIZ FUKUOKA情報便」は捨てられにくいパッケージデザインを採用し、情報誌との同封で重厚感も増し、より開封率を高める仕組み。同封するチラシやパンフレットは博多口地区、筑紫口地区などエリア毎の配布も可能。基本料金は1枚6~10円で、枚数や複数回契約で別途見積もる。
 新WEBサイトでは情報誌をベースに、誌面では掲載しきれない、より詳しくタイムリーな情報を掲載。特に飲食店情報は大手グルメサイト「ヒトサラ」と提携しており、同サイト掲載店にはクリック1つでリンクし、詳細情報が見れる。内田社長は「約1年をかけて事業コンセプトを収れんした。情報誌と同梱サービス、WEBサイトをより連動させて訴求力を高めていきたい」と話している。

 ニコニコレンタカーのFC説明会

 また同社は3月18日、低価格レンタカーとして急拡大している「ニコニコレンタカー」(運営・株式会社レンタス)のフランチャイズチェーン(FC)事業説明会を福岡市博多区で開催する。
 同レンタカーの加盟店開発を担当する株式会社アイ・コーポレーション(東京都渋谷区、井上勝秀社長)と九州地区のプロモーション活動で業務協力提携したのに伴い開催するもので、セブンマーケットではこれを第一弾に、BIZ FUKUOKA事業の各媒体とも連動させたFC募集支援事業を本格化する。
 ニコニコレンタカーは安価な中古車を購入、整備して活用することで、トヨタ・ヴィッツクラスで12時間乗り放題で2525円といった大手レンタカーの半額程度の料金を実現。FC募集開始から約5年半で1200店舗を突破した。専業ではなく、駐車場の一角などを活用した既存事業との兼業タイプのため、開業・運営コストを抑えられるという。最近ではドンキ・ホーテやTSUTAYAなどの大手もFC加盟している。
 会場は博多区下川端町の博多座・西銀ビル13階、NCBリサーチ&コンサルティング第4会議室。対象は店舗の駐車場などを所有し、新たな収益開発を検討したい人。参加費は無料。