NEWS

  • 地域

オフィスに広報センターを新設  九州観光推進機構    各県の情報発信強化図る


 (一社)九州観光推進機構(福岡市中央区渡辺通2丁目、石原進会長)は6月1日、同機構オフィス内に九州観光広報センターを新設した。
 九州エリアの観光客増加を図るには、各県の情報発信を担う広報部門を一本化し、より専門的で情報発信力の強い組織を立ち上げる必要があることから今回の新設となった。今後同センターが主体となり、専用サイトを立ち上げ、各県の観光地情報やイベントPRを積極的に担う。事務所は同機構が入る電気ビル共創館7階。スタッフは4人体制でスタートする。センター長は村岡修治同機構事業本部副本部長、副センター長は若林宗男若林ビジネスサポート代表が務める。同機構は「熊本地震による観光客減少のなか、より九州全体の良さを海外や九州外の人にアピールする必要性があり、重要な役割を担うセンターになる。センターを通じて、九州が元気かつ正確な情報を発信し多様な観光資源をアピールしたい」と話している。