NEWS

  • 地域

ウォシュレット一体形便器の新商品  TOTO    防汚性・清掃性に新機能


 衛生陶器製造のTOTO(北九州市小倉北区中島2丁目、張本邦雄社長)は5月1日、ウォシュレット一体形便器シリーズでモデルチェンジした新商品を発売する。
 タンク式トイレで節水を追求した4・8リットル洗浄を実現した「GG」シリーズに、今回、防汚性・清掃性を高める機能を追加し、またデザインも一新した新「GG」と新「GG―800」を発売する。便座に座ると自動で便器内にミスト状の水をふきつけ、便器表面に施した同社独自技術との相乗効果で、ふきつけた水がクッションとなり汚れをつきにくくしたのが特徴。また、掃除がしやすいように、ウォシュレット前方部が持ち上がるリフト機能なども備える。希望小売価格はGGが23万円~31万4000円、GG―800が23万5000円~31万9000円(いずれも税抜き)。