NEWS

  • 地域

インキュベート3室の入居者  福岡ビジネス創造センター運営委員会    利用開始は来年2月


 アイランドシティ内のインキュベート施設「福岡ビジネス創造センター」を運営する福岡ビジネス創造センター運営委員会(福岡市東区香椎照葉3丁目、本田正寛会長)は、10月19日、同施設内にあるインキュベート3室の入居者募集を始めた。
 これは先進的な研究および新技術の開発、新ビジネスモデルの確立を目指す研究機関、企業・団体を対象に、同施設への入居を促すことで産学連携の研究促進や企業支援、経済活性化、新規雇用創出を図るのが目的。場所はアイランドシティ中央公園近く、サイバー大学南隣。募集するインキュベート施設は実験室仕様1室(フロア面積29平方m:1階)、オフィス仕様2室(47平方m、62平方m:2階)の3室。利用料金は月額3万4800円から7万4400円まで。入居利用者はインキュベート室を24時間365日利用可能となるほか、産学連携や新産業創出のための補助金申請・獲得支援、研究・ビジネスコーディネーター支援、各種交流会参加などのサービスが利用できるという。利用者選定については、研究開発研究所または事業計画書など必要書類を提出し、書類選考(一次審査)を経て代表者によるプレゼンテーション方式の2次審査を行い決定する。利用期間は原則2010年2月から12年3月末まで。申込締切は今年12月18日までとなっている。
 同センターは産学官連携機関として07年6月に設立。福岡商工会議所、九州ニュービジネス協議会、九州大学、九州産業大学、福岡工業大学、福岡女子大学、サイバー大学、福岡県、福岡市で構成している。