NEWS

  • 地域

イムズ内の食品店でランチメニューのテイクアウト  鹿児島県のセイバー    客単価5百円を見込む


 カフェ「TULLY‘S COFFEE」をフランチャイジー展開する株式会社セイバー(鹿児島市南林寺町、壽浦数馬社長)は、経営する福岡市中央区天神1丁目のイムズ地下1階の食品販売店「From the North(フロムザノース、有田英樹店長)」で8月から、併設するレストランメニューのテイクアウト販売を開始した。
 近隣に勤める会社員の昼食需要を取り込み、収益増を狙う。メニューは併設レストラン「cafe&restran 43°」のランチの一部で、日替わりパスタ(5百円、3百円)、日替わりサンドウィッチ(3百円、250円)、ラタトゥユ(3百円)など。メーンターゲットは女性で、近隣の会社員やイムズの店舗スタッフら。客単価は5百円を見込む。有田店長は「昼休みにレストランでゆっくり食事はできないが、ぜひランチメニューをテイクアウトしたいという要望が多く開始した。これまで総菜など扱っていなかったので、新しいお客さまの獲得にもつながるはず」と話している。
 同社は港湾地盤改良工事などを手掛ける興南工業株式会社(鹿児島市上荒田町、壽浦数馬社長)の子会社で、96年4月設立。資本金3億円。福岡県内で「TULLY‘S COFFEE」のフランチャイジーとして店舗展開するほか、中洲と大名に自社ブランド「Cafe the Launch」を2店舗出店している。有田店長は北九州市八幡東区出身。1953年11月27日生まれの56歳。九州デザイナー学院卒。趣味は山登り。