NEWS

  • 地域

イオンモール筑紫野に靴専門店  東京都のチヨダ    12月上旬オープン


 紳士・婦人靴販売のチヨダ(東京都杉並区成田東4丁目、舟橋政男社長)は、12月上旬に「SHU Paletta mini」(シューパレッタ ミニ)を筑紫野市立明寺のイオンモール筑紫野内にオープンする。同業態での出店は県内初。
 「HYDRO―TECH(ハイドロテック)」などのPB商品を中心に、ワークブーツからカジュアルシューズまで展開する「CEDAR CREST(セダークレスト)」などを揃えあらゆる世代に対応できる商品を提供する。営業時間、従業員数は現在調整中。店舗面積は165平方m。店長は未定。九州中四国本部の高崎隆一販促担当は「高機能でバリュープライスな商品を取り揃え他社と差別化を図っている。子どもから50代までの顧客を対象とした豊富な商品を取り揃えているので新規顧客開拓を目指したい」と話している
 同社は1948年6月4日設立、資本金68億9321万円、昨年度売上高は1216億円6740万円(2月期)。従業員数は1873人、店舗数は1156店(平成20年2月現在)。県内には、シュー・プラザ16店、東京靴流通センター4店、ザ・シューズ12店、靴チヨダを6店、SPCを3店展開している。