NEWS

  • 地域

アミュプラザ地下1階をリニューアル  JR博多シティ    屋台をイメージした内装


 アミュプラザ博多やアミュエスト、博多デイトスなどの博多駅ビル「JR博多シティ」を運営する株式会社JR博多シティ(福岡市博多区博多駅中央街、丸山康晴社長)は4月27日、アミュプラザ地下1階を、飲食フロア「Hakata9(ハカタナイン)」としてリニューアルオープンした。
 地下1階部分の約80メートルの通路を挟んだ両側に店舗を並べた構造で、店舗面積は約660平方m。屋台をイメージした内装で、全体の座席数は約300席。カフェレストラン「WIRED CAFE(ワイアードカフェ)」や、鎌倉の古民家カフェ「cafe 坂の下」が九州初出店したほか、フォー専門店「HAY HAY PHO(ヘイ・ヘイ・フォー)」、ビアスタンド「TAPBAR(タップバー)阿蘇」、ハイボールバー「WORLD HIGHBALL BBQ」、洋風おでんの「BONまるしゃん」など全9店舗が出店した。営業時間は午前10時から午後11時まで。同社では「これまでになかった新たな飲食ゾーンをオープンしたので、多くの人に利用していただきたい」と話している。