NEWS

  • 地域

アボカドオイルを使ったベビー用無添加石けん  シャボン玉石けん    8月2日に発売


 北九州市若松区南二島2丁目の無添加石けんメーカー、シャボン玉石けん株式会社(森田隼人社長)は、8月2日にアボカドオイルを使ったベビー用無添加石けんを発売する。
 従来、ベビー用石けんは固形と粉の2タイプを販売していたが、アボカドオイルを初めて使用してリニューアルした。発売するのは固形、泡、液体洗濯石けんの3タイプで、アボカドオイルと上質の天然植物性油脂を原料に、釜炊き製法(ケン化法)で炊き上げ、蛍光増白剤や香料、着色料、合成界面活性剤は一切使用していない。
 アボカドオイルは果実から圧搾されたオイルで、不飽和脂肪酸を多く含んでいるため肌に余分な刺激を与えず、ビタミンやミネラルが豊富で保湿性に優れているという。価格は固形タイプが百グラムで315円。泡タイプが4百ml入り892円と詰め替え用350ml入り682円。洗濯石けんが8百ml入り997円と詰め替え用650ml入り766円(いずれも税込み)。化学物質を使っていないベビースタイなどと合わせてギフト用の詰め合わせも販売する。同日から通信販売で販売を始めるが、一般の量販店などでの販売8月15日以降になる見込み。