NEWS

  • 地域

ゆめモール柳川内に42店舗目の直営店  千鳥饅頭総本舗    年間売上目標は1500万円


 和洋菓子製造販売の株式会社千鳥饅頭総本舗(糟屋郡新宮町緑ヶ浜1丁目、原田浩司社長)は7月15日、柳川市三橋町に通算42店舗目となる直営店をオープンした。
 場所は県道772号(有明海沿岸道路)沿い、蒲船津西交差点近くの「ゆめモール柳川」内。名称は「千鳥饅頭総本舗・ゆめモール柳川店」。店舗面積は約15平方m。従来の和・洋菓子、季節限定商品、ギフト関連商品など20アイテムを取り揃える。スタッフは椛島秀子店長含む3人体制となる。営業時間は午前9時から午後8時まで。初年度年間売上目標は1500万円。同社では「今後も地域特性に合った商品構成と店舗づくりを手掛けていきたい」と話している。

 期間限定で3色チロリアン発売

 また、同社は8月1日から17日までの期間限定でピーチ、ラムネ、パイナップル3種類のチロリアンシリーズを発売した。
 夏季限定のシリーズ商品として開発したもので、商品名は「サマーチロリアン」。従来のチロリアンと比較してショートサイズに加工し、3種類を詰め合わせしているのが特徴。価格は12本入り袋486円(税込み)。百貨店を含む直営全店で取り扱う。