NEWS

  • 地域

みずほ銀行保証付き私募債1億円を発行  荒戸産業    多店舗化に向け


 遊技場経営の株式会社荒戸産業(糸島市加布里 平岡聖教社長)は9月30日、みずほ銀行(東京都千代田区)の保証付き無担保私募債1億円を発行した。
 多店舗化に伴う新店舗の設備資金調達が目的。また、社債発行による資金調達で財務内容の健全性をアピールする。今年2月にも私募債を発行しており、今回で2回目。償還期間は5年。同社では「資金調達を借入に限らず、多様化することで社内外の信用力を高めたい」と話している。
 同社は1982年8月設立。北部九州で「パチンコ店HIBARI」10店を経営している。09年10月期売上高は2百億6千万円。従業員は3百人(アルバイト含む)。