NEWS

  • 地域

けやき通り沿いに糖尿病専門の内科クリニック  医療法人森和会    10月1日開院


 医療法人森和会(福岡県行橋市西宮市5丁目、山内照章理事長)は10月1日、福岡市中央区警固2丁目に「赤坂おけだ内科クリニック」を開設した。
 場所は福岡銀行けやき通り支店斜向かい。診療科目は内科、糖尿病内科、内分泌・代謝内科で、特に糖尿病を専門とする。院長には同法人行橋中央病院統括副院長の桶田俊光氏が就任した。
 クリニックは初診を含め完全予約制で、糖尿病にかかると異常がおこりやすくなる足の状態のチェックと手入れができるよう「フットケアルーム」などを設ける。また、「長い期間、定期的に来院が必要な患者さんのために、なるべく診療時間をかけないようにしたい」(桶田院長)として、通常30分程度かかるといわれる検査時間を2分程度で済ませることができる最新機器を導入している。休診日は日曜日・祝日だが、不定期に毎月1回午前中のみ日曜日でも診療を行う。スタッフは7人。
 桶田院長は1949年9月10日生まれの61歳。九州大学医学部卒。九州大学医学部附属病院第一内科医員、早良病院内科医長、米国ジョンスホプキンズ大学研究員、九州大学医学部講師併任、大分大学医学部地域・老年看護学講座教授、国家公務員共済組合連合会・新小倉病院病院長などを経て現任。趣味は剣道(教士7段)、居合道(5段)。