NEWS

  • 地域

あなぶき興産が博多区寿町に13階建て共同住宅  福岡市標識設置報告書    延べ床面積は5311平方m


 ふくおか経済・株式会社地域情報センターがまとめた11月15日公表分の福岡市標識設置報告書によると、今回建築予定が報告された建築物は8件だった。(建築主が個人のものは除く、標識設置日・10月2日~10月28日)。
 最も延べ床面積が広いのは、あなぶき興産九州株式会社(福岡市博多区御供所町2丁目、土井年典社長)が博多区寿町3丁目に建設する13階建ての共同住宅「アルファライフ南福岡(仮称)」で5311平方m。次いで、九州勧業株式会社(福岡市博多区店屋町8丁目、太田和郎社長)が博多区博多駅南1丁目に建築する10階建ての寄宿舎「ドーミー博多駅南(仮称)」の2942平方m。以下、株式会社ダーウィン(福岡市中央区大名1丁目、森本順子社長)が博多区中洲2丁目に建設する10階建ての飲食店「中洲2丁目商業ビル(仮称)」の2930平方mなどが続いた。
 詳細は表の通り。