NEWS

  • 地域

「天草オリーブ園」を体験型農園にリニューアル  九電工    園内ツアー、オリーブ搾り体験など


 株式会社九電工(福岡市南区那の川2丁目、西村松次社長)は7月20日、同社が運営する熊本県天草市五和町の「天草オリーブ園」を体験型施設としてリニューアルオープンした。
 天草オリーブ園は2010年に開業、同社のオリーブ事業推進室が製造販売するオリーブ油や化粧品の原料となるオリーブの木11種1600本を作付面積約1・8haに栽培しているが、オリーブの生産、加工、販売による6次産業の取り組みに観光の側面を加えて天草の地域振興も図る目的。名称も同社のオリーブ製品ブランド名「アビーロ」を付けて「天草オリーブ園アビーロ」とした。入園は無料で、「オリーブ農園ツアー」、「オリーブ手搾り体験」は中学生以上が540円、小学生216円、2歳以上の未就学児は108円、オリーブオイルのテイスティング、写真撮影は無料。今回の観光農園化にあわせて、手搾りやテイスティングができる「丘の上オリーブ館」を新設した。同社では年間2万人の来場を見込んでいる。