NEWS

  • 地域

「アンサーHD」設立し、持ち株会社制に移行  アンサー倶楽部    事業多角化、採用強化を視野


 総合不動産業の株式会社アンサー倶楽部(北九州市小倉北区堺町1丁目、三谷俊介社長)は6月3日、新会社「株式会社アンサーホールディングス」を設立し、持ち株会社制に移行した。
 同社は北九州市で不動産の売買仲介、賃貸管理を中心に手掛けており、今後福岡市をはじめとするエリア拡大、事業の多角化を見据えた人材採用強化が狙い。アンサーホールディングスは資本金1億円。決算期は9月。傘下企業は株式会社アンサー倶楽部と保険業などの株式会社サンクスライフ(小倉北区三郎丸3丁目)。今後はリフォーム事業を分離した新会社「株式会社アンサーホーム(仮称)」の設立を計画しているほか、M&Aの活用も視野に2~3年後の傘下企業5社体制の構築を目指す。三谷社長は「飲食やレンタカーなどFCビジネスも模索中。来春の新卒者は20~30人の採用を予定しており、さらに力を入れていきたい」と話している。同社は2000年6月設立。資本金1000万円。従業員70人。2016年6月期売上高見込みは6億円。三谷社長は北九州市小倉北区出身。1963年9月20日生まれの52歳。常磐高校卒。趣味はゴルフ。
 アンサーホールディングスの役員は次の通り。
 ▼代表取締役社長 三谷俊介▼専務 石原孝七郎▼常務 前田啓美