NEWS

  • 地域

「のぞみ」を東京―博多間3本増発  大阪市のJR西日本    3月のダイヤ改正で計57本に


 西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区芝田2丁目、山崎正夫社長)は、3月14日のダイヤ改正から東京―博多間の新幹線「のぞみ」を3本増発する。
 今回増発するのは博多発午前7時50分と午後15時50分、東京発午前6時30分と午後16時40分の計4本。東京―博多間「のぞみ」下り1本を東京―広島間の運転とするため純増は3本となるため、東京―博多間は計57本になる。同社では「朝夕の博多―東京間増発のほか、博多南線の朝夕時間帯の車両を増やすなど輸送力も増強した」と話している。同社は1987年4月設立。資本金は1000億円。従業員数30350人。