NEWS

  • 地域

ⅰPhone端末対応の支出管理アプリケーション  楽天KC    クレジットカード業界では国内初


 楽天グループのクレジット会社、楽天KC株式会社(福岡市博多区博多駅前3丁目、穂坂雅之社長)は、9月9日から携帯電話のⅰPhone(※)端末に対応した支出管理アプリケーション「楽天カードアプリ」の提供を始めた。クレジットカード業界では国内初。
 楽天KCカード会員専用オンラインサービス「e―NAVI」と連動した支出管理アプリケーションで、クレジットカードの利用状況や請求状況を簡単に確認でき、いつ(利用日)、どこで(利用した加盟店)、いくら(金額)などの売り上げ情報を管理できる。また、取得した売り上げ情報は生活費や交通費、飲食代などライフスタイル別にカテゴリ設定できるほか、時系列のグラフ表示やカレンダー表示でカテゴリ別にカード支出管理・閲覧もできる。同社では「ⅰPhoneで閲覧するWEB版のe―NAVIについては、すでに全ページのスマートフォンへの最適化を完了しており、今回「楽天カードアプリ」を提供することでⅰPhoneを利用する楽天KCカード会員の利便性向上を図りたい」としている。
(※)ⅰPhoneは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標。