INTERVIEW

    NSC福岡校がスタート、福岡吉本若手芸人Voice1


    吉本興業(株)(大阪市)は4月末、福岡市に芸人、タレント養成校「吉本総合芸能学院」(通称・NSC)福岡校を開校する。

    同校は土日、祝日のみの講義に特化し、福岡から芸能界を目指す登竜門として運営する。ダウンタウンやナイティナイン、品川庄司など、これまで大阪、東京校から多くの芸能人を輩出してきたNSCにおいて、福岡吉本所属で入所経験のあるタレント2組を紹介する。

    1組目は大阪NSCを経て、現在レポーターとしてタレント活動をする芸歴5年目のハンサム松崎(まつさき)さん。過去の挫折からはい上がり活動する松崎さんに、NSC福岡校への期待や自身の夢などを聞いた。(取材/金縄洋右)

     

    大阪NSCで挫折を経験

    それでも「不完全燃焼、地元でもう1度挑戦したい」

    一これまでの経歴を教えてください。

    松崎 映像系の専門学校(九州ビジュアルアーツ専門学校)を卒業後、今から11年前に20歳で大阪NSCに入りました。中学生のころからメディア業界に興味があり、特に芸人・千原ジュニアさんが大好きで、憧れもあって、「裏方ではなく、テレビ画面の表舞台に出てやりたい!」という気持ちからでした。

    大阪NSCは卒業したら必ず事務所に所属できるわけではありません。当時東京校は卒業すればそのまま入れたわけですが、大阪は吉本が運営する劇場・「baseよしもと」のオーディションで合格して、ようやく所属できます。

    私の同期は大阪だけで700人近くいましたから、本当に狭き門でした。結局、事務所には所属出来ず、芸人の道を諦め、福岡に戻り飲食店の正社員として働いていました。

    ただ、小さい頃から芸人に憧れていましたし、1度挫折してしまいましたが不完全燃焼だったのでもう1度挑戦したい気持ちがありました。そんな時、コンビを組んでいた相方から福岡吉本のオーディションに誘われ、もう1度チャンスがあればと受けた結果、合格。25歳で再スタートを切ったのです。

    現在はコンビとして活動しておらず、ピンで、主にレポーターで活動しています。福岡で早朝に放送されている「バリはや!」(FBS福岡放送)や、地元の佐賀で放送中の情報番組『かちかちpress』(STSサガテレビ)に出演させていただいています。

    一やはり競争は熾烈ですか。

    松崎 2012年から福岡吉本に所属し、当時同期は10数人いましたが、現在残っているのは2、3人です。厳しい世界ではありますね。

     

    華の1期生へ「上の人を倒して」

     

    —そのような中、福岡初のNSC1期生が入ってきます。

    松崎 福岡にNSCができるって聞いた時、「本当に需要あるのかな・・・」とシンプルに思いましたね。(苦笑い)

    しかも土日、祝日のみの講義ですし、どんな人が入って来るか想像がつきません(笑)。大阪ですとやはり全国から集まってくる中で、私は20歳でしたが、高校卒業してすぐの18歳の子など多くいました。それでも10年以上前の話ですので、今の時代的にもこのような若い子は入って来るのか分かりませんね。

    —入所時、苦労したことは。

    松崎 金銭面の苦労はみんな覚悟して来ると思いますが、どんな仕事をしながら続けるのかその選択は悩むのかなと。芸人なのか、レポーターなどお笑い以外のタレント活動なのか。現在私はレポーターとして活動することにしていますが、東京、大阪に比べると番組の数は少なく、他の芸能事務所もありますので競争が激しいのも現実です。

    —福岡の芸能事務所はワタナベエンターテインメントの勢いもある印象です。

    松崎 そうなのですよ。NSCが始まりますので、この勢力図も変えていきたいですね。まだテレビに出ていない時は「ワタナベさんはいいな」なんてぼやいていました。事務所愛のあるワタナベに対し、吉本は少し感覚がズレている人が多いような気がします(笑)。それでも「舞台でネタをしたら俺らが勝つよね」とも言っていましたし、「打倒ワタナベ」という雰囲気はあります。

    ー1期生に掛けたい言葉は。

    松崎 シンプルに言うと、「上の人を倒してください」。ですね。入った時は全員そこしか考えていないと思いますよ。しかも、1期生はそれだけで注目されますし、きっと面白い人が入ってので、今所属しているタレントはその恐さもありますよ。きっと面白い人入って来ると思いますよ。

    ー自身の10年後の目標は。

    松崎 やはりレポーター活動を通し「福岡の顔」になることです。NSC入所当時から憧れている芸人・千原ジュニアさんのように番組の司会なんかも出来るようになっていたいなと。だいぶ遠い目標でもありますけど、がんばっていきたいです。

    —ありがとうございました。

    ハンサム松崎(本名:松﨑 健太(まつさき けんた))
    佐賀県鳥栖市出身。1986年10月26日生まれの31歳。
    2012年10月から福岡吉本所属。