INTERVIEW

    5G時代に向け、「 FUKUOKA 5G Vision2021」始動


     

    福岡市(高島宗一郎市長)は12月2日、市の官民協働スタートアップ支援施設「フクオカグロースネクスト」(=FGN)内を、来春から本格商用化が予定される次世代通信規格「5G」を使った新サービス開発拠点「5Gラボ」として開設した。NTTドコモ九州支社(同市中央区渡辺通2丁目、山崎拓支社長)が基地局をFGN内に新設しサポートしている。

    次世代通信5G推進へ「FUKUOKA 5G Vision2021」を掲げる

     

    この日はFGN内で会見を開き、市は「FUKUOKA 5G Vision2021」として、5G環境が早期に構築されることにより、スタートアップによる市民生活を豊かにする新サービスの創出や、実装、国内外のエンジニアのさらなる集積を目指すと発表。高島市長は「2021年に福岡市で開かれる『第19回FINA世界水泳選手権』開催まで、天神地区や世界水泳が開かれるウォーターフロント地区で重点的に5G通信環境を整える」と明らかにした。
    山崎拓NTTドコモ九州支社長は、今後5Gを使ったサービスアイデアのピッチコンテストを開く計画を公表。FGNに入居する会員企業は同社によっていち早く5Gを使用した技術検証などができるようになっている。【金縄洋右】