INTERVIEW

    感染者急増で2度目の緊急事態宣言に


    1月13日午前9時50分ごろ、記者の質問に答える小川知事

    1月13日、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域の1つに福岡県が追加指定された。

    感染者数急増で昨年4月以来2度目の緊急事態宣言下となった。期間は1月16日から2月7日まで。これを受け、県はすでに東京都などでも要請されてきた飲食店などへ午後8時までの時短営業や、不要不急の外出、移動自粛を要請。また企業に対してはテレワークなどによる出勤者数の7割減の協力を促している。

    小川洋知事は同日午前中、県庁内で記者団の質問に応じ、国による緊急事態宣言エリア対象指定に「やむを得ないと判断した」などと沈痛な表情で説明した。

    猛威を振るう「第3波」。時短要請対象の飲食店などへの影響が危ぶまれるなど、地元経済にとって大きな打撃になることが予測される。

    【金縄洋右】