INTERVIEW

    世界水泳選手権2021福岡大会へカウントダウン


    2021年7月16日から福岡市で開かれる第19回FINA世界水泳選手権に向けて福岡大会組織委員会は3月3日、カウントダウンボードを福岡市役所1階ロビーに設置した。

     

    市役所1階ロビーに設置された開幕まで500日を示すボード。大会公式マスコットのシーライ(左)とシャーニー

     

    福岡市にとって2001年以来2回目の世界水泳開催となる2021年の大会(7月16日〜8月1日)は、市のウォーターフロント地区(中央ふ頭、博多ふ頭)やシーサードももち海浜公園・地行浜海浜公園をメーン会場に実施。選手権併催のマスターズ選手権(8月3日〜12日)は福岡市のほか、熊本、鹿児島の両市でも開かれることがすでに発表されている。

    選手権には約190カ国・地域から約2400人、マスターズ選手権には約100カ国・地域から約1万人が参加見込み。開催期間中の経済効果は3都市で計460億円を見込んでいる。2021年は九州新幹線全線開業10周年ということもあり、新幹線が停車する3都市や九州全体での相乗効果が期待される。

    前回の2001年大会はテレビ中継で初めて世界記録のラインを可視化した「福岡方式」が脚光を浴びた。今回もさまざまな場面でのテクノロジー活用が期待される。

    大会まで500日を切った。本番に向けた機運がこれから高まりそうだ。

     

    【金縄洋右】