FEATURE

TheFace 2017

MARUZEN HOLDINGS


 

牛嶋 浩人

MAUZEN HOLDINGS 会長

中島 勝也

マルゼンラボラトリー㈱ 社長

(写真左)うしじま・ひろと/久留米市出身。1971年9月26日生まれの46歳。山口芸術短期大学卒。広告代理店に勤務しデザイン業務に従事。21歳で大型免許を取得し、23歳で佐川急便のドライバーに。同関連会社勤務を経て独立、「MARUZEN EXPRESS㈱」を設立した。趣味はスーパーカーで仲間とツーリング、ラグジュアリーカーも乗りこなす
(写真右)なかしま・かつや/佐賀市出身。1972年4月12日生まれの45歳。福岡カレッジ・オブ・ビジネス(税理士コース)卒。岡税務労務会計事務所(福岡市)を22年間務め退職。前職時に担当していた牛嶋社長の人柄に惚れ2016年6月マルゼンラボラトリーに入社。7月から代表取締役に就任。前職のノウハウを生かしコンサル事業も担う。趣味は仕事、ゴルフ

3社横の連携強化で飛躍への足場固め

「強い組織をつくる」と思いを同じにして成長戦略を描く、MARUZEN HOLDINGSの牛嶋浩人会長と、飲食事業を展開するマルゼンラボラトリー㈱の中島勝也社長。グループ力を結集し、個社のシナジー創出を図り将来の布石を打つ。

中核となる運送事業では現在4t・10tトラック59台保有。安全、機能面はもちろんドライバーの快適性もこだわり、サービス品質にも繋げる。来春、小倉北区西港町に2階建て約3000㎡の倉庫を新設する。「変化し続けるモノの流れに敏感に対応する」と牛嶋会長。情報とヒト、一元管理の物流可視化で迅速な輸配送に特化したネットワーク構築を進めていく。

また、主力事業と並行して柱に据えていくのが飲食事業だ。拉麺と担々麺を融合した新グルメ「博多拉担麺(ラータンメン)」を売りにする「まるたん」は県内直営4店舗。「知名度向上で全国展開を目指したい」と関東圏進出に意欲を燃やす中島社長。ブランドを確立させFC展開にも着手する考えだ。今年2月には3社が入る久山町の拠点も増床し職場環境も整えた。「人事評価システムを導入し管理職育成を徹底、マネジメント充実でコンサル事業も本格化する」と声を揃え、横の連携を強化し飛躍に向けて足場を固める。

DATA
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町62-1 TEL 093-562-5151 創業/2006年5月(MARUZEN EXPRESS㈱) 資本金/1000万円 事業内容/一般貨物の輸送および一時保管業務(MARUZEN EXPRESS㈱、MARUZEN REX㈱)、飲食店、コンサル事業(マルゼンラボラトリー㈱) 従業員/約100人(グループ) 年商/約15億円(グループ) 出先/福岡営業所・マルゼンラボラトリー㈱本社(粕屋郡久山町久原175-2) 関連会社/MARUZEN EXPRESS㈱、MARUZEN REX㈱、マルゼンラボラトリー㈱

http://mrz-exp.co.jp/
https://www.marutan.info/company/