FEATURE

(株)M・Kロジ


「マインド(精神)・カインド(親切)」で笑顔を届ける

単品通販向け物流アウトソーシングを主力として成長し、19年に10周年を迎えた㈱M・Kロジ。18年度から地域高校生を中心とした“超地元人材”の新卒採用をスタートし、雇用創出による地域活性化に貢献。先入観でネガティブなイメージを持たれがちな物流業界に新風を吹きこみ、売上高100億円達成に向けてさらなる躍進を目指す。

「商品だけでなく、その商品が届く喜びも一緒に届けること」

インターネット社会において、大きく市場拡大しているEコマースの単品リピート通販。その物流事業を請け負い、「商品だけでなく、その商品が届く喜びも一緒に届けること」という姿勢が多くの支持を集めてきたことで、現在の取引社数は約130社以上、出荷件数は年間およそ1,000万件に上る。
この多様な業種のクライアントからのニーズに対応するため、化粧品製造許可や医薬部外品製造許可、高度管理医療機器等販売業・貸与業など、取り扱い商材に合わせた許認可を取得。その理由を「例えば化粧品で稀に発生するシール貼りなどの作業を倉庫側で対応可能になり、無駄な輸送費などのコスト削減ができる。そうして顧客の業務効率化とともに利益の最大化に貢献することが、信頼と企業成長につながっていく」と説明する。「私達が梱包しているのはお客様の想いです」という言葉通り、M「マインド(精神)」とK「カインド(親切)」を体現することで笑顔を届けていることこそ、成長の秘訣と言えるだろう。

“超地元人材”を活用し地域活性化に貢献

18年度からは初の新卒採用をスタートし、開始年度から3人を採用。この4月には9人が入社するなど順調に人材を確保している。新卒採用に関しては全員が地域の高校卒という“超地元人材”で、雇用創出による地域活性化にも貢献。「高校生は真っ白なキャンパスであり、社会への第一歩を踏み出す会社として責任は大きい。しっかりと社会人としての基礎や人間性を身につけることでM・Kカラーの人材を育成していく」と方針を示す。
また、特別支援学校からの採用や障がい者就労継続支援事業所からの職場体験も実施。日本ハンドボールリーグ所属の「ゴールデンウルヴス福岡」の6選手が契約社員として働くほか、1月からはベトナム人技能実習生4人を受け入れるなど、さまざまな人材にそれぞれに適した形で働く場所を提供している。

「働きやすい環境づくり」を 当たり前に実現

物流業界においては慢性的な人手不足が課題となっているが、同社にはパート社員を含めて254人が在籍。その根底には、有給休暇の自由取得や男性社員も含めた産休・育休制度の確立、全社員の8割を占める女性活躍に向けたダイバーシティ推進、自動梱包機の導入や商品管理のシステム化による業務効率化があり、「会社は社員に支えられており、社員は家族である」という馬場社長の強い思いが形となっている。
これまでの物流企業というと3K(きつい・きたない・危険)の先入観からネガティブなイメージを持たれることが多かった。しかし同社では、給与や勤務体系、福利厚生などの雇用条件を整備し、やりがいや生きがい、目標を持って仕事できる環境を当たり前のこととして「働きやすい職場づくり」を実現。物流業務のベストパートナーとして、顧客との強い信頼関係とともに、社員一丸となって物流業界に新たな風を吹き込み、売上高100億円の達成に向けて突き進んでいく。

馬場 正和 社長
ばば・まさかず/長崎県大村市出身。1973年4月25日生まれの46歳。長崎県立大村工業高校卒。趣味はゴルフ、マリンスポーツ、トレーニング。幼少期より競艇選手を志望するも身長制限などで断念。三菱重工長崎、佐川急便に勤務後、2009年に同社を設立。「整理・整頓・清掃・清潔・躾」に「スマイル」を加えた6S活動を推進している

 

採用情報
募集職種/物流管理部
応募資格/高校卒
採用実績/2020年度9人
採用予定/10人
年間休日/107日
問い合せ先/TEL.092-410-9082
担当/総務部 阿比留

(ふくおか経済EX2020年)