COMPANY

3PL確立で総合物流業へ前進

今年5月に創業15周年を迎える。従来の業務形態を柔軟に少しずつ変化させながら、着実な成長を続けてきた同社。現在までにグループ6社に拡大し、輸送を軸に3PLを確立した総合物流業を目指す。また、横連携を生かした適材適所の人材配置も多角経営の強みとし、現場力の高い組織をつくる。

15周年記念車登場

バンボディに力強い雄牛のロゴをあしらったデザインが特徴のMARUZENトラックに15周年特別記念車が登場した。グループ全社と各社のコーポレートカラーを描き、15年の歩みで築いたグループ総合力を全面に打ち出す。
この記念車は一般貨物の「MARU ZEN EXPRESS」、食品輸送に特化した「マルゼンレックス」、経営コンサルティングの「マルゼンラボラトリー」、飲食店「まるたん」をそれぞれ表した鮮やかな限定色のゴールド、シルバー、グリーン、オレンジの牛がキャビンまで角を伸ばしている。「コロナ禍を乗り越え、突き抜けていく思いを込めた」と牛嶋浩人会長。
15年前、同業での勤務経験を経て、トラック12台で起業した。創業3年目で事業停止処分を受けるという会社存続危機にも直面したが、そこから安全と品質向上を一層充実させ、管理者教育を徹底。自身がドライバー経験をもつからこそ、快適性を重視し、毎年10台以上の新車を納入している。内部は手積み手降ろしに対応したセンターローラーを完備し、働き手にも優しい車両を80台以上保有する。安全性を追求するからこそ急拡大ではなく着実に。北部九州を網羅する輸配送エリアは近く、鹿児島、岡山、広島へと広げる。

安定的な輸配送構築

昨今の環境激変により強い企業が生き残るといった明暗が分かれているのは物流業界も同じ。幅広い分野で輸送量が大幅に減少し、休車せざるを得ないケースもある中で、以前から積載効率向上と冷蔵冷凍対応の食品輸送に特化した特殊車両を備えてきた同社は、EC市場の拡大や購買スタイルの変化に合わせ、食品やネット通販事業者へ荷主をシフト。参入障壁の高い業務を推進し、複数かつ多数の荷主との取引により安定的な輸配送を構築している。
これは2018年8月に着手した倉庫事業も同様。顧客とのパートナーシップを強固にし、ニーズの高い商品に対応することで、常にフル稼働状態を維持。保管・荷役・運送といった全工程を一括して請け負う「3PL」を実現し、輸送サービスに付加価値を高めている。

適材適所の人材配置を実現

マルゼンラボラトリーは会計事務所での経験をもつ中島勝也氏が舵を切る。経営コンサル事業と飲食事業を両輪に事業を拡大しており、飲食は「博多拉担麺まるたん」を県内6店舗展開。このほどテイクアウト需要に対応した唐揚げ専門店「かっちゃん」の新業態も初出店した。逆風続く業界でメニューや業態開発など精力的な取り組みで出店意欲も見せる。
6社間連携による同社がもつ総合力は大きく、事業のリスク分散と同時に、能力に応じた適材適所の人員配置により現場力を高めていることも成長要因の一つになっている。「管理職人材の確保にも一層注力する」と強固な組織をつくり、この先も走り続ける。

牛嶋 浩人 代表取締役会長兼社長
うしじま・ひろと/久留米市出身。1971年9月26日生まれの49歳。山口芸術短期大学卒。広告代理店に勤務しデザイン業務に従事。21歳で大型免許を取得し、23歳で佐川急便のドライバーに。同関連会社勤務を経て独立、「MARUZEN EXPRESS㈱」を設立した。趣味は海や山などへ仲間とツーリング、読書、映画鑑賞

 

 

採用情報
募集職種/10t・4tドライバー(中途)、事務職(運行管理者・サポート)飲食店接客アドバイザー、保険コンサルティング、管理職
応募資格/大型免許資格(ドライバー)
採用予定/50人
問合せ先/TEL.093-562-5151
担  当/星本いずみ

(ふくおか経済EX2021年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
マルゼンホールディングス(株) (マルゼンホールディングス)
代表者名
牛嶋浩人
所在地
〒803-0801 北九州市小倉北区室町2-8-2 [MAP]
TEL
093-562-5151
企業ホームページ
http://mrz-exp.co.jp/ https://www.marutan.info/company/
設立
創業
2006年5月(MARUZEN EXPRESS㈱)
資本金
1,000万円
従業員数
約100人(グループ)