COMPANY

NEW TOPICS

-新着情報-

  • 海洋プラゴミの…

    週刊経済2022年3月29日発行 長崎大学、ゼオライトと 水質、土壌などの分…

    more
  • アスベスト分析…

    週刊経済2021年10月26日発行 体制面充実で 水質、土壌などの分析、測定…

    more
  • アスベスト調査…

    週刊経済2021年3月23日発行 約2千万円投じ 水質、土壌などの分析、測定…

    more
  • 水中に含まれる…

    週刊経済2021年2月9日発行 5月の完成目指す 水質、土壌などの分析、測…

    more
最新情報一覧を見る

産学で挑む世界初の技術で海洋プラゴミ調査へ

(写真上)海洋プラゴミの回収、調査に乗り出した産学連携チーム
(中段)岸壁に寄せた2台のトラックに積載された海水回収装置とろ過装置(左)
限外ろ過膜装置は水処理プラントメーカーのゼオライトが開発した(右)
(下段)サンプリングしたナノサイズのプラゴミ(左)
長崎大学と共同開発したドローンを使った海洋調査の研究も進む(右)

10年以上に渡って取り組んできた業務の自動化やIT化は、分析の高速化や精度の安定化はもちろん、生産性向上による働き方改革で職場環境の改善にもつながった。近年はSDGs戦略に力を入れるとともに、海洋プラスチックゴミの調査分析業務という新たなプロジェクトにも挑んでいる。

長崎大との共同研究で海洋プラゴミの調査分析に弾み

現在、世界の海に存在しているプラスチックゴミは、合計で1億5,000万トンと言われ、そこに少なくとも年間800万トンが、新たに流入していると推定されている。特に5㎜以下の「マイクロプラスチック」による海洋汚染や生態系に及ぼす影響が問題視されている中、太平環境科学センターは産学連携による海洋プラゴミの調査・分析事業に乗り出している。
同社は2021年秋から、ろ過装置で濃縮した海水からナノメートル(100万分の1ミリ)サイズの粒子になった海洋プラゴミを調査すべく、長崎大学大学院の中谷久之研究室と海水の採取回収に向けた共同研究を開始した。ろ過装置は地場水処理プラントメーカーのゼオライト㈱(福岡市博多区、嶋村謙志社長)に依頼。海水に高い圧力をかけ特殊なフィルターでろ過する「限外ろ過膜」と呼ばれる技術を駆使し、16トンの海水を16リットルまで濃縮することで、20ナノメートル~20マイクロメートル(1000分の1ミリ)という非常に微細な粒子のサンプリングの採取を実現している。この高濃度の海水からナノサイズのプラゴミをサンプリングした事例は世界初だという。
「20マイクロメートル以下の細微な粒子となれば、魚や生物が口にしても排出されず有害物質が付着したまま体内に蓄積してしまう可能性がある。それが食物連鎖によってやがて人体にも蓄積することが懸念されている」と坂本社長。環境問題への関心とともに、海洋プラゴミの調査・分析ニーズも高まっていくと予想される。現在同大学とは、水質調査用の水上ドローンの開発も進行中で、今後はドローンを活用した広範囲での海洋調査も視野に継続的にサンプルを集めていくことで、マイクロ・ナノプラスチックの調査に必要な調査・データ解析手法の確立を目指す。

(写真)「地域未来牽引企業」の認定証を手にする坂本社長と高橋麻紀取締役(前列)、ほか女性スタッフ。業務の自動化推進で女性が生き生きと働く職場環境を作った

自動化による働き方改革でSDGsを実践

分析業務の「自動化」にシフトしてから約10年間、様々な自動装置の開発で分析の高速化と精度の安定化を両立してきた。現在は7台目のロボットとして、サンプルの前処理から機器分析までの工程を自動化した濃縮装置の開発も大詰めを迎えており、完成すればそれまで5時間かかった作業を約30分に短縮させることが可能だ。
このように分析業務の自動化をはじめ、ラボラトリー情報管理システム「LIMS」との連動させた高度IT化(DX化)による生産性向上で、顧客満足と社員の働き方改革の両面から企業の競争力を高めてきた同社。これらの取り組みが評価され、20年10月には経産省の「地域未来牽引企業」に、21年12月には中小企業庁の21年度「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選出されている。
現在はSDGs戦略にも力を入れ、女性活躍を推進する職場環境作りも力を入れる。
「労働環境が改善されたのも業務の自動化を進めてきたからこそ。環境分析は法に基づいて行う作業。特に検査・分析方法は全て細かく厳格に規定が決められているだけに、自動化は取り組みやすい」と意欲を見せる坂本社長。今後も労働集約型から設備集約型へのビジネス転換を積極的に進め、「人と地球環境」に配慮した持続可能な企業活動を実践していく。

(写真)2021年12月には中小企業庁の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選出された

採用情報
募集職種/営業系、技術系、メンテナンス系
応募資格/大学院、大学、高専、短大の理系卒者(特に「化学系」を専攻された方を歓迎)経験者歓迎、特に環境計量士で管理経験者優遇、業界未経験OK
担  当/(管理部)龍

(ふくおか経済EX2022年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
(株)太平環境科学センター (カ)タイヘイカンキョウカガクセンター)
代表者名
坂本雅俊
所在地
812-0863 福岡市博多区金の隈2-2-31 [MAP]
TEL
092-504-1220
企業ホームページ
http://www.taihei-esc.com/
設立
1973年7月
創業
資本金
4,000万円
従業員数
67人