COMPANY

「新“再創 菱熱”経営ビジョン」を旗印に菱熱丸が船出

昨年8月に創立60周年を迎え、今年2月に本社ビルのZEB化工事が完了。「ZEBプランナー」、経産省補助金を受けた「ZEBリーディング・オーナー」という九州初の2つのZEB認証取得企業となった㈱菱熱。「新“再創 菱熱”経営ビジョン」のもと、次の60年に向けて新たなスタートを切った。

九州初となる2つのZEB認証取得企業としてSDGsに貢献

本社ビルの省エネ改修計画は、2019年7月に経産省のZEB実証事業への採択後、今年2月末に完成した。この省エネ改修により、1次エネルギー消費量を基準値より58%削減し、「ZEB Ready」を達成。これに伴い同社は、ZEBの補助金事業の申請窓口となれる「ZEBプランナー」(2018年2月取得)と今回の経産省補助金を受けた「ZEBリーディング・オーナー」と併せ、2つのZEB認証を持つ九州初の企業となった。この実証事業で補助金上限となる2/3の約1.5億円の補助金を獲得。これを踏まえ、お客様視点でのCSR(低炭素化社会への寄与)とSDGsへの貢献に努めていく。特にSDGsの13番目の目標「気候変動に具体的な対策を」及び11番目の「住み続けられるまちづくりを」を具体的に追求し、環境分野へ挑戦する。
ZEB化工事に合わせて働き方改革や職場環境改善、健康経営を目指したニューオフィス化も完了。本社2階の工事部門をフリーアドレス化し、個人用収納ボックス、リラクゼーション&スキルアップコーナーを設置。5階の技術部門は、設計業務効率化に向けた木調デスクに全面変更し、配置を見直した。また、会議・打合せ・休憩・勤務終了後の懇親など、全部門のコミュニケーションを活性化させる「共創スペース」を併設。社員が個別に自己管理できる「健康管理ブース」も設け、多様な活用が可能なスペースをつくりあげた。さらにデジタルサイネージを活用して、外出先からスマートフォンでの行先変更連絡も可能にしている。

(写真左)本社5階ニューオフィス「共創スペース」
(右)「共創スペース」に設置した「健康管理ブース」

3つの重点項目を制定し、ビジョン達成を推進

昨年、60周年を目指した5カ年計画経営ビジョンを達成し、今期から「新“再創 菱熱”経営ビジョン」を掲げ、3つの重点項目を制定。1つ目は「総合設備エンジニアリング企業の確立」で、着実に業務範囲を拡大するとともに営業力・技術力を磨き上げることにより、安定した成長と収益力の確保を目指していく。次は「生産性向上による働き方改革の推進」で、社員それぞれが常にさらなる業務効率化を考え、周囲と円滑なコミュニケーションを図ることで業務の質と生産性の向上に取り組む。「やめる・かえる・へらす」、「ムダ・ムラ・ムリの排除」を推進し、「ワークスマート・ノットハード」の賢く働く仕組みで働き方改革を加速するものだ。3つ目の「従業員満足と顧客満足の両立」では、自己研鑽力の充実や、「気づき」からの深く考える力、そして主体的に実践する「考動力」を育む。それぞれが仕事や人生のやりがいを高め、従業員と顧客の双方が満足できるサービス提供の実現を目指す。
5期連続の増収増益とともに創立以来最高値の売上高を達成するなど、順風満帆な航海を続けるが、「一人ひとりが自分の役割を担うオールで漕ぎ方を変革し、次の60年に向けて強靭な“菱熱丸”を創っていくことが必要。菱熱の頭文字であるRとつながりある令和の時代に、“明日の ここち良い”をいつの時代でもどこでも提供できる会社へ」と、手綱を引き締めてさらに大きな挑戦の舞台に進んでいく。

野口 俊郎 社長
のぐち・としろう/佐賀県佐賀市出身。1950年3月2日生まれの70歳。九州大学工学部電気工学科卒。1975年九州電力㈱入社、配電部配電課長、情報通信事業部長、執行役員総合研究所長、常務執行役員東京支社長を経て、2014年12月に㈱菱熱の社長に就任

 

採用情報
募集職種/技術系総合職、営業・事務系総合職
応募資格/
大学院、大学、高専、専門学校、高校
採用予定/20人
年間休日/120日
問合せ先/TEL.092-411-5948
担  当/酒井、木元

(ふくおか経済EX2020年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
(株)菱熱 (カ)リョウネツ)
代表者名
野口 俊郎
所在地
〒812-8553 福岡市博多区博多駅南1-8-13 博多駅南Rビル [MAP]
TEL
092-411-5741
企業ホームページ
http://www.ryonetsu.co.jp/
設立
創業
1959年8月
資本金
1億5,000万円 
従業員数
276人