COMPANY

NEW TOPICS

-新着情報-

  • 中間決算の業績…

    週刊経済2021年11月9日発行 売上高は約13億円上回る90億円に 粕屋郡…

    more
  • 卵白由来プロテ…

    週刊経済2021年10月26日発行 パインとココナッツ風味のピニャコラーダ味…

    more
  • 販売数量は8期連…

    週刊経済2021年5月18日発行 売上高は3・1%減の138億円 粕屋郡粕屋…

    more
  • 通期の業績予想…

    週刊経済2021年3月30日発行 売上高は下方、損益は上方修正 粕屋郡粕屋町…

    more
最新情報一覧を見る

“Egg×(バイ)Something”で可能性追う独立系液卵トップメーカー

(写真左下)小口パックの充てんライン
(右下)凍結全卵のミニパックライン

今年10月に設立50周年を迎えるイフジ産業㈱。「Egg×Something」をキーワードに液卵事業とタマゴテック事業を展開する。主力の液卵事業は勢いを増し、液卵以外のタマゴテック事業では卵白由来のプロテインが進化を見せる。独立系液卵トップメーカーとして強固な基盤構築を進め、卵の未知の可能性を追求する。

卵白由来プロテインに新味登場

「Egg×Something」を掲げて主力の液卵事業とタマゴテック事業を展開するイフジ産業㈱。藤井社長は「単に液卵を作っているのではなく、卵に何かをカケることでパンやお菓子など新たな価値を生み出せる。卵と何をカケるかがキーワードになる」と表現し、卵の可能性を追求する。
液卵以外のタマゴテック事業でもその可能性は広がる。一昨年3月に発売した卵白由来のプロテインパウダー「REVOPRO」は、高い体内利用率(タンパク質の消化吸収率)や日本人に多い乳糖不耐症にも対応できる性質を持ち、順調にユーザーを増やしてきた。昨年7月にはその声に応えて詰め替え用パウチパックを発売。10月にはチョコテイストに加えてピニャコラーダ味を発売した。「新味は酸味と甘味のバランスが良く、初めての味でおいしいと評判が良い。月を追うごとに伸び続け、リピーターも定着してきた」と手応えを話す。
ちなみに従来の卵白由来のプロテインの大半は輸入品で、臭いや味、溶けにくさなどの問題を抱えていた。こうした問題を「卵のプロ」が解決し、人工甘味料を使わず、自然の甘さで飲みやすい味に仕上げた。しかも溶けやすいので、手早く良質なたんぱく質を摂取できる。卵白粉末の加工にはグループの粉末調味料メーカー・日本化工食品㈱のノウハウが生かされた。さらに安定した品質で商品提供できる体制と利益構造を整え、新味発売など進化を見せる。
タマゴテックはプロテインに限らず、卵殻や卵殻膜にも広がる。廃棄物だった卵殻は、グランド用のライン引きに有効活用。より付加価値の高い活用のため、有機物の卵殻膜をはく離・分離する独自技術を共同開発した。純度を高め、リン酸と合成することでバイオアパタイトを生成し、歯磨き粉や石鹸として活用。卵殻膜も美容や医療分野などで可能性を探る。
廃棄物の再資源化で、サステナブルな社会に向けて原料のゼロ・エミッションが進む。再資源化率は約74%で、来期中には100%を達成する見込みという。


(写真下)昨年10月に発売したピニャコラーダ味の「REVOPRO」

販売数量は9期連続過去最高を更新

一方、主力の液卵事業は勢いを増し、鳥インフルエンザの大規模発生で原料卵不足のなかで安定供給を続ける。販売数量は10期連続増加と9期連続の過去最高を見込む。利益面でも8期連続増益と3期連続で過去最高を更新する見込みとなった。
鶏卵の需給ひっ迫で原料卵不足のなかでも安定供給できた要因には3つを挙げる。まず状況悪化を見通して買い付けを急いだ。2つ目はコロナ禍に伴う需要減少で出荷先を失った原料卵を優先的に買い取り、生産者との信頼関係を築いた。3つ目は輸入卵調達で原料卵を確保した。この安定供給は新規顧客の開拓にもつながった。社長就任以来、仕入れ・製造・販売の改革に進め、今回の施策で2年間に渡るコロナ禍と鳥インフルエンザの逆境を乗り越えた。
液卵事業が順調な伸長を続けるなか、同社は製造面の強化に乗り出した。4億円をかけて名古屋工場を増設し、関東・関西に比べて遅れていた設備拡充を図る。一方、レポプロの展開では国内最大級のアマチュアフィットネス団体FWJと大会スポンサー契約を結び、本格的にPR活動に乗り出す。今年10月には設立50周年の節目を迎える同社。主力の液卵事業でさらに強固な基盤構築を進めながら、創業以来のベンチャー精神を失うことなく、タマゴテックで卵の未知の可能性を追い求めていく。

藤井宗徳 社長
ふじい・むねのり/福岡市出身。1975年6月2日生まれの47歳。99年同社入社し、2007年6月取締役に昇格。08年3月常務。09年11月専務を経て14年6月社長に昇格。趣味は旅行

 

採用情報
募集職種/営業職、管理部門職、製造職、製造技術職
応募資格/高校卒、大学卒、大学院卒
採用予定/5〜10人
年間休日/122日
問合せ先/TEL.092-938-4561
担当/採用担当 渡邉(わたなべ)

(ふくおか経済EX2022年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
イフジ産業(株) (イフジサンギョウ(カ)
代表者名
藤井 宗徳
所在地
〒811-2318 福岡県粕屋郡粕屋町戸原東2-1-29 [MAP]
TEL
092-938-4561
企業ホームページ
http://www.ifuji.co.jp/
設立
1972年10月
創業
資本金
4億5,585万円
従業員数
117人