ABOUT US

 

企業理念

私たちは新しい総合情報機関を目指して編集、企画、調査、出版など、いわゆる情報産業分野で活動している事業体で、情報産業は経済の高度化・都市化の発展に伴い、高い成長が期待できる産業です。

昭和57年の「ふくおか経済」創刊以来、一貫して「地元主義」「主体性確立」「自己革新」を唱えてきました。「地元主義」は自然に恵まれた美しい郷土を愛し、行き過ぎた中央(東京)集権の弊害を是正しようという理念です。

「主体性確立」は自己および也域社会の自立を図り、「自己革新」は自分を自ら鍛え、社会に大いに
役立つ人材になろうという思いです。

私たちは福岡、そして九州の発展を願いながら情熱を持って日常業務に取り組んでいます。目指している方向は、中央と地方が本当の意味で“対等の関係”になり、自立と連帯を感じ優れた地域社会を築くことです。幸い時代の流れは各種の規制緩和とともに地方分権化の方向に進んでいます。

私たちはこの九州から全国へと視点を広げ、社会的に影響力のある総合情報機関をつくりあげたいと思っています。

 

事業内容

ふくおか経済・編集部 ふくおか経済・編集部
当社の特徴は、全社員が取材活動をすること。「ふくおか経済」も全社員の共同作業で制作されていますが、特集記事やグラビアなど、その骨格づくりを担当するのが編集部です。取材活動は経済分野を中心に政治・行政・文化など多方面に及びます。
編集部員は、自分なりの問題意識を持ち、テーマを設定し、情報を収集し、取材活動を展開し、記事としてまとめます。その記事は部員の“作品”であり、思考回路、分析力、執筆力から取材姿勢まで、記者としての能力が内外に問われる表現の所産です。今日の社会は、あらゆる既存の体制、システムが激動の予感に満ちています。
そうした時代にあって本誌は、読者に新聞やテレビとは違った独自の視点で切り取った地域経済の「今」を伝えたいと考えています。
ふくおか経済・営業部 ふくおか経済・営業部
営業部門は、月刊誌「ふくおか経済」の広告営業をメイン業務としています。広告出稿企業(クライアント)への的確な広告プランのご提案、誌上における広告企画の実施などほか、各種パンフレットの企画制作や企業間における諸ニーズの結びつけまで手掛けるなど、様々な角度・側面からクライアントの業務をバックアップしています。創造力や企画力、提案力、情報収集力、コンサルティング力などあらゆる能力が要求され、またいかんなく発揮できる部門です。
営業の原点は「人」。数多くの人との出会いの中からコミュニケーションが展開、営業スタッフひとりひとりのヒューマンなネットワークが新たなビジネスを生み出すのです。

 

会社概要

設立 1982年(昭和57年)4月
資本金 1,500万円
代表者 代表取締役会長 松岡 泰輔
代表取締役社長 中嶋 敏夫
事業 情報・出版業(月刊誌「ふくおか経済」、速報誌「週刊経済」、年鑑本「福岡の会社情報」、別冊「ふくおか経済EX」の編集・発行)
従業員数 30人
関連会社 (株)地域情報センター(熊本市)
(株)地域経済センター(熊本市)