NEWS

  • 地域

JR西小倉駅そばの土地1万平方m強をネット競売  アセットリンク    参考入札価格12億1900万円


 不動産コンサルティング、ネット競売の株式会社アセットリンク(福岡市中央区大名2丁目、中嶋裕二社長)は、8月4日、北九州市小倉北区の土地約1万3500平方mをネット競売にかける。
 競売にかけるのは、北九州卸商センターの所有地で、現在は同センターの事業所として利用している。場所はJR日豊本線西小倉駅西側、竪町バス停そば。入札方法は、同社が事前に買い主側の利用用途などを審査し、専用IDを発行後、参加者が1回だけ入札に参加する入札価格非開示方式の「クローズド・ビッドシステム」を採用。参考入札価格は12億1900万円。申込受付は8月3日までで、8月4日午後1時から2時間でオークションを実施する。現在、福岡県内外の不動産会社が入札に参加しており、企業の事業用地、遊技場、店舗、集合住宅などの用途を見込んでいるという。中嶋社長は「場所は、JR西小倉駅から徒歩圏内で利便性も高い。中心地の活性化に繋がれば」と話している。同社は、06年12月、九州初のインターネット不動産オークションシステム「リアル・バリュー」を開設。これまでのネット競売での成約は10件程度で、今回の競売は2番目に大きい案件となる。