NEWS

  • 地域

関連会社の社名を「モロフジケミカル」に変更    モロフジ ブランド力向上狙う


 包装資材メーカーの株式会社モロフジ(筑紫野市武蔵3丁目、諸藤俊郎社長)は11月1日、関連会社で製造工場運営の株式会社プラトム(熊本県玉名郡南関町)を株式会社モロフジケミカルに社名変更した。
 8月末に持ち株会社制に移行し、モロフジホールディングス株式会社を設立した同社。社名の統一を図り、知名度とブランド力向上を狙う。10月にも通販事業の株式会社アールコア(筑紫野市永岡)を諸藤通商株式会社に変更しており、両社とも社名以外の資本金や従業員数の変更はしていない。諸藤社長は「社名変更で社員の意識統一にも力をいれていきたい」と話している。
 同社は1989年2月設立。資本金1000万円。熊本工場のほか、東京、大阪、ベトナムに拠点を構える。従業員は38人、グループ全体で約150人。16年8月期の売上高は24億円、グループ全体で約40億円を見込む。
 諸藤社長はみやま市瀬高町生まれ、太宰府市出身。1977年4月21日生まれの39歳。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒。趣味はキャンプ、テニス。