NEWS

筑紫野市湯町で宅地2区画を分譲 九電不動産


週刊経済2021年7月20日発行

近隣に二日市温泉

九州電力グループの九電不動産㈱(福岡市中央区薬院1丁目、平野俊明社長)は、筑紫野市湯町1丁目に建築条件付き土地2区画を販売開始した。
物件名は「オークリーフ湯町」。場所は二日市温泉「博多湯」西側のQパーキング湯町跡地。敷地内の総区画内6区画のうち4区画は建売し、2区画を建築条件付き土地として販売する。敷地面積は155㎡と150㎡で、価格はそれぞれ1730万円と1700万円。同社は「周辺には二日市温泉の歴史ある街並みと豊かな自然。天神・博多へのアクセスにも恵まれた理想的な立地の好物件」と話している。