NEWS

  • 地域

福岡の歴史人物小冊子を県下小中学校に配布  ふくや    FM福岡のおもしろヒストリーを32ページ本に


 辛子明太子メーカー・株式会社ふくや(福岡市博多区中洲2丁目、川原正孝社長)は、FM福岡と共同で、小冊子「福岡おもしろヒストリー(人物編)」を制作した。12月に福岡市内の全小中学校に10冊ずつ配布する。12月2日には福岡市役所の市長室で配布式をする。
 「福岡おもしろヒストリー」は、ふくやがスポンサー提供し、福岡の歴史や人物を紹介する5分間番組(毎週月・水・金、午前11時55分~)で、FM福岡が20年前から放送している。同社では「なんとか冊子にして子供たちの勉強の役に立たないか」と考え制作した。内容は、それぞれの時代を生き、その名を今日に語り継がれる人たちにスポットを当て、福岡の歴史をからめて紹介している。サイズはA5判、32ページ建てで、発行部数は30000部。年明けには福岡県下の小中学校にも配布を計画している。「歴史は人と人が様々な形で交錯しながら紡ぎだされていることに気付かされる。学校教育に活用していただきたい」と話している。