NEWS

  • 地域

城南区神松寺に食事・家具・家電付賃貸マンション  東京都の共立メンテナンス    福大生向け、来春完成


 学生会館、社員寮管理・運営の株式会社共立メンテナンス(東京都千代田区外神田2丁目、佐藤充孝社長)は、福岡市城南区神松寺2丁目に7階建ての単身者向け賃貸マンションを建設している。完成は来年3月下旬。
 同社が全国で300棟以上展開している「ドーミー」シリーズの物件で、名称は「ドーミー福大前」。福岡大学の学生を対象とし、ドーミーシリーズとしては福岡市内で12棟目。新築では2011年4月オープンの「ドーミー九大学研都市」以来の物件になる。場所は片江小学校北東側の黒木書店片江店北側隣接地。敷地面積は1122平方mで、延べ床面積は2243平方m。居室は18・2平方mの洋室102室で、エアコン・冷蔵庫・洗濯機・机・イス・ベッド・カーテンなどの家具、家電付き。各室シャワートイレ付きで、共用施設としてダイニングカフェなども設置。女性専用フロアも設ける。家賃は朝夕2食込みで7万2500円。必要な時だけ食事(1食朝食350円、夕食650円)を申し込むこともでき、家賃は55700円。また、今回初めての試みとして、交通費、宿泊費無料で同社東京本社のインターンシップや地場銀行での長期アルバイト紹介、施設内での無料着付け教室などの特典を設ける方針。合格前の申し込みが可能で、合格発表日翌日までキャンセル料は無料。同社では「福大生向けの物件は初めてで、同大のゼミや福大生と連携したイベントなども積極的に取り組んでいきたい」と話している。
 同社は1979年9月設立で、資本金は51億3600万円。従業員は準社員含め約6000人。学生・社員寮、ワンルームマンション、受託事業、ビジネス・リゾートホテル、高齢者向け住宅などの運営を主な事業とし、2013年3月期連結売上高は約994億円。寮事業では、学生向けと単身社会人向けの「ドーミー」シリーズを全国で300棟以上展開している。九州では95年7月に福岡市博多区博多駅前2丁目に九州支店を設置。同支店管轄の「ドーミー」シリーズとしては、福岡に11棟、熊本と小倉に1棟ずつの計13棟約1497室を運営している。