NEWS

  • 地域

介護・福祉用品販売業者と業務提携  サイバック    高齢者施設向け市場の開拓目指し


 インターネットカフェ運営、FC事業の株式会社サイバック(福岡市早良区小田部5丁目、橋本朋郁社長)は8月25日、介護・福祉用品販売の株式会社ピースフル・ハート(同市博多区比恵町1丁目、川原和代社長)と業務提携した。
 サイバックは08年秋から新事業として高齢者施設向け食材供給サービス「助太刀くん」を開始しており、同サービスとピースフル・ハートが運営する介護用品や福祉用具のショッピングサイト「e暮らしネット」が取り扱う商材の相互紹介を強みに、高齢者施設向けマーケットのさらなる需要開拓を図る。サイバックでは「今後も高齢者事業に関する商材やサービスのワンストップ提供を目指し、関連企業との業務提携を推進していきたい」と話している。
 ピースフル・ハートは2007年5月設立、資本金は3百万円、従業員数は2人。09年1月から介護用品、福祉用具のショッピングサイト「e暮らしネット」の運用を開始。
 サイバックは2000年5月設立。資本金は5千万円、10年3月期の売上高は20億円、従業員数は78人。九州を中心に全国で直営とFC合わせて31店舗のインターネットカフェを展開する。