NEWS

  • 地域

今期は手洗い洗車サービスFC10店強の出店目指す  クイックウォッシュ    FC募集で博多駅近くに本社移転


 商業施設などの駐車場内で手洗い洗車サービス事業を手掛けているクイックウォッシュ株式会社(糟屋郡志免町志免、高武純一社長)は今期(11年3月期)、10店強のFC店展開を目指している。7月1日、FC事業主の募集強化のため本社を福岡市博多区住吉2丁目に移した。
 同社の手洗い洗車サービス「クイックウォッシュ」は他社と共同開発した100%植物性の溶剤を使用することで水道の使用量を2リットル以内に抑え車を動かさずに洗車ができるのが特徴。ショッピングセンターなどの駐車場内で顧客の買い物時間を利用して洗車サービスを提供している。価格は軽自動車が1台990円、普通車が同1490円。オプションメニューとしてコーティングやホイール洗浄サービスなどもある。現在、志免店、キャナルシティ博多店、イオンモール筑紫野店、香椎浜ショッピングセンター店、イオン八幡東ショッピングセンター店の5店舗を直営で、イオン福岡伊都店、イオンモール直方店、イオンショッピング穂波店の3店舗をFCで出店しており、9月には9店目を同市中央区に出店予定のほか、東京、名古屋への営業所開設も予定している。今期は、同社全体でFC店舗を10店以上出店し、1店あたりの月間洗車台数8百台、売上高は前期比約6倍の2億円を目指す。 
 新本社はキャナルシティ博多南側のメゾン住吉ビルの2階。フロア面積は約66平方mで旧本社の2倍となり、博多駅から徒歩圏内という立地の良さを生かしFCオーナー募集の拠点として商談、事務、各店舗の管理などを行う。高武社長は「新本社はキャナルシティに近く、当社のキャナルシティ博多店で洗車サービスを実際に見ることもできる。来春からは新サービスも開始し、長期的には1千店舗まで拡大したい」と話している。
 同社は2008年8月設立。10年3月期の売上高は35百万円、従業員数は15人。設立時から洗車1台の売上金から10円を水環境事業基金の協力金に充てるなど社会貢献活動にも取り組んでいる。高武社長は福岡市西区出身、1975年10月31日生まれの34歳。趣味は山登り。