NEWS

  • 地域

今春、飯塚市に新教場を開設  英進館    筑豊エリアには初進出


 総合学習塾の英進館株式会社(福岡市中央区今泉1丁目、筒井俊英社長)は、今春(2014年春期講習)から飯塚市新飯塚に「飯塚校」を開設する。筑豊エリアには初進出、全体では52カ所目の教場開設。
 福岡県の公立高校、難関私立高校、国立中学校入試に対応するもので、場所は国道201号沿い、そばしま内科・循環器科の北側。生徒の対象は小学1~6年生、中学1~3年生。3月2日の開校説明会・クラス分けテストの後、個別カウンセリングを経て3月23日からの春期講習からスタートする。英進館では「早く飯塚地区に教場をという声にこたえて開設した。万全の体制で指導を行っていきたい」と話している。