NEWS

  • 地域

不動産会社情報のHPシステムを販売開始  安心計画    土地情報が自動更新


 住宅営業支援ソフト販売・サポートの安心計画株式会社(福岡市博多区博多駅前3丁目、小山田隆弘社長)は10月1日、中小工務店向けに提携先不動産情報を自社ホームページ上で掲載できるシステム「安心土地計画」の販売を開始した。
 これは単独で優良な土地情報提供が難しい中小工務店を支援するもので、ホームページアクセス数増や顧客獲得を図るのが目的。システムは自社ホームページにリンクボタンを配置。加盟不動産会社が登録した土地情報が自動的に更新されるのが特徴。加えて実際の空き土地に3Dパースの仮想住宅を建て見積もりを出すこともでき、住宅建設を検討する消費者の購買意欲を高められるという。開発元はソフトウエア開発などのコンフォートソフィー株式会社(熊本市上水前寺1丁目、花田亜機雄社長)。年内は九州内の工務店に月間20本ずつを目標に販売し、来年1月以降は全国発売する。小山田社長は「同システムの販売と主力商品である『ウォークインホームプラス』と連動させ、工務店などへのトータルソリューションを充実させたい」と話している。
 同社は1988年3月設立、資本金は3000万円、従業員数31人。自社開発の主力商品である「ウォークインホームプラス」は2000年4月の発売以来、全国の住宅メーカーや工務店などに9000本を納入している。小山田社長は北九州市門司区出身。1948年12月13日生まれの59歳。下関市立大学経済学部卒。趣味は読書。