NEWS

    アミュプラザ小倉3階に化粧品専門店を移転 まるまんフィオーレ


    北九州初上陸ブランドも販売

    県内を中心に化粧品専門店を展開する㈱まるまんフィオーレ(直方市神正町、江下萬次社長)は3月7日、北九州市小倉北区浅野1丁目のアミュプラザ小倉1階で運営していた「小倉駅アミュプラザ店」を3階に移転し「アルフルール小倉店」としてリニューアルオープンした。
    JRの改札口と直結するメーンフロアの3階に移転したことで集客強化を図る狙い。店舗面積は約125㎡で、主力ブランドのアルビオンのほか、北九州初上陸の「ジルスチュアート」や「アディクション」なども取り扱う。スタッフは当初12人(うち美容部員6人)体制。江下貴昭取締役統括部長は「3階への移転はずっと願っていたことだけに実現できてとても嬉しい」と話している。
    同社は1937年創業。86年5月設立。資本金1000万円。従業員65人。県内北部を中心に12店舗を運営している。江下社長は直方市出身。1947年1月26日生まれの71歳。県立鞍手高校卒。趣味はゴルフ、旅行。

    2018年3月20日発行